タグ: 駆逐艦 を含む記事一覧

新版「夕雲型」3つのキット、どれを選べばよいのか? – 1/700で夕雲型駆逐艦をつくる: 1

| カテゴリィ: 1/700で夕雲型駆逐艦をつくる

今回は「夕雲型」の「●●」が作りたいが、どのキットを選べばよいのか? と云う話。
執筆時点でハセガワの新版「夕雲型」には3種のキットがあり、一部ランナーを入れ替えることで建造時期や設定年次の差異を表現しているが、「全部入り」のキットは存在しない

ゆえに、特定の艦や時期を定めて製作する場合、対応キットを確認しておかねば買い直す羽目になってしまうのだ。
「新版「夕雲型」3つのキット、どれを選べばよいのか? – 1/700で夕雲型駆逐艦をつくる: 1」の続きを読む

半世紀ぶりのリニューアルキット – 1/700で夕雲型駆逐艦をつくる: 序

| カテゴリィ: 1/700で夕雲型駆逐艦をつくる

今や新製品でもなんでもないのだが、一昨年モデルアート誌に新製品作例として掲載された「夕雲型」をあらためて解説したいと思う。

初回はまず、キット概要と連載の方向性について。
「半世紀ぶりのリニューアルキット – 1/700で夕雲型駆逐艦をつくる: 序」の続きを読む

続・展示のお知らせ

| カテゴリィ: 雑記

9月22日・23日両日、東京月島にあるギャラリー「アートはるみ」にて開催される「第10回 艦船模型合同展示会」に参加する。久々の東京での展示、お近くの方はお運びいただけると幸いである。

「続・展示のお知らせ」の続きを読む

短信

| カテゴリィ: 雑記

ここのところ公私ともに忙しく、もうしばらくちゃんとした記事が掲載できそうにない。
とりあえず近況かたがた直近の完成品や掲載情報など。

「短信」の続きを読む

デカール初心者のための、タミヤ島風甲板デカール攻略講座

| カテゴリィ: 雑記

今回は、昨年タミヤから発売された新版島風のリノリウム甲板デカールについて。
キットの売りであり、艦船モデラーの方にはあまり馴染みがないと思われる大判デカールの扱いについてまとめてみたい。

「デカール初心者のための、タミヤ島風甲板デカール攻略講座」の続きを読む

「峯風型らしさ」を残しつつ架空要素を盛り込む – 1/700峯風型を架空艦化する: 後篇

| カテゴリィ: 雑記

航空駆逐艦「羽風」後篇は、メインディッシュの架空要素について。本能の赴くまま盛りまくっても良いのだが、そこはまあ私なので、色々小難しい言い訳をしつつ、「なんかありそう」な風を狙ってゆく。

「「峯風型らしさ」を残しつつ架空要素を盛り込む – 1/700峯風型を架空艦化する: 後篇」の続きを読む

基本形状は史実に忠実に – 1/700峯風型を架空艦化する: 前篇

| カテゴリィ: 雑記

先日、ツィッタァ上で航空駆逐艦コンペというものが自然発生的に盛り上がって、面白そうだったので私も参加してみた。
架空艦は以前から興味はあったのだが、作るのは初めて。さて、どうなることやら。

「基本形状は史実に忠実に – 1/700峯風型を架空艦化する: 前篇」の続きを読む

「陽炎型」+「白露型」で、今日的クォリティの1/700「朝潮型」をつくる: 後篇

| カテゴリィ: 雑記

アオシマ「陽炎型」とフジミ「白露型」の二個一による「朝潮型」の後篇。
実のところ、前篇の工作だけでも「朝潮型」以外の何物にも見えない状態にはなるのだが、それでは物足りない人向けの重箱の隅拾遺集

「「陽炎型」+「白露型」で、今日的クォリティの1/700「朝潮型」をつくる: 後篇」の続きを読む

「陽炎型」+「白露型」で、今日的クォリティの1/700「朝潮型」をつくる: 前篇

| カテゴリィ: 雑記

WLシリーズのリニューアルがほぼひと段落した感のある昨今、駆逐艦はアオシマひとりが気を吐いており、他2社がリニューアルに手を付ける気配がない。

そこで、仮想新キット、と云った趣旨でアオシマ「陽炎」+フジミ「白露」を使って「朝潮型」を作ってみた。


「「陽炎型」+「白露型」で、今日的クォリティの1/700「朝潮型」をつくる: 前篇」の続きを読む

「吹雪型」関連おすすめ資料12選 – ヤマシタホビー製1/700吹雪をレビューする: 後篇

| カテゴリィ: 雑記

ヤマシタホビーの「吹雪」レビュー最終回は、暫定版資料入手ガイド
総てを揃える必要はないが、幾つかあるとディテールアップに役立つし、キットの再現度をより深く楽しめるだろう

過去の記事では参考資料をウェブ系と書籍系に大別して紹介してきたのだが、今回は趣向を変えて、資料の傾向別に3つに分類してみた。
概ね、後ろに行くほど上級者向け。後ろの方は当然ながら (?) 私も使いこなせていない。

「「吹雪型」関連おすすめ資料12選 – ヤマシタホビー製1/700吹雪をレビューする: 後篇」の続きを読む