MSVとGFFの良いとこ取りで「プロト化」する – 1/144でHGオリジン版ガンダムをプロトタイプガンダム風に作る: 2

HGオリジン版RX-78をベースに作る似非プロトタイプガンダム。今回は、ノーマルガンダムとプロトの差異を洗い出しつつ、MSV画稿とGFF画稿の良いとこ取りで各所を「プロトタイプ化」してゆく。
“MSVとGFFの良いとこ取りで「プロト化」する – 1/144でHGオリジン版ガンダムをプロトタイプガンダム風に作る: 2” の続きを読む

不完全版・模型用塗料の近似修正マンセル値一覧表: 藤色・紫色篇

「買った塗料の色が瓶の蓋やメーカー見本と全く別物と知り、夜も8時間しか眠れない」みたいなのが少しでも減るかもしれない、各社の模型用塗料から実測した、修正マンセル表色系に基づいた色の値 (以下、修正マンセル値) の一覧。

藤色・紫色篇では、修正マンセル値の色相記号が「10PB~10RP」の青紫~紫~赤紫系の色を収録。

“不完全版・模型用塗料の近似修正マンセル値一覧表: 藤色・紫色篇” の続きを読む

ふたたび、ワンデイモデリング反省会 – 1/700で砲艦橋立をつくる

ツィッタァ上の早組み企画でワンデイモデリングに挑戦して、案の定ワンデイで完成しない、と云うのは私にはよくある事(……)なのだが、以前のP-40の時のように久々に敗因を分析してみることにした。今回のお題は艦船模型、アオシマの砲艦「橋立」である。
比較的新し目のキットで、小型ゆえに部品も少ない。これは負ける要素は無いのでは? と思いきや……。
“ふたたび、ワンデイモデリング反省会 – 1/700で砲艦橋立をつくる” の続きを読む

大型艦は大変だけど寛容である – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 完

この数か月、入院したり薬の副作用で惰眠を貪ったりで随分と間が開いてしまったが、フライホークの「プリンス・オブ・ウェールズ」の製作記、完結である。 “大型艦は大変だけど寛容である – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 完” の続きを読む

再び、戦間期~第二次大戦初期におけるイギリス本国艦隊の色調を考える – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 10

この記事を書いている2023年秋から見ると、この「プリンス・オブ・ウェールズ」(以下、「PoW」)を塗っていたのは約5年前の出来事になるのだが、こう云った後追いまとめ記事の辛いところで、「今となっては明らかにおかしいのだが、製作記事なのでそのまま紹介せざるを得ない」と云う事がまま起こってしまう。

すなわち、本稿の「PoW」の塗装については、写真をあまり信用しないで欲しい
それはいかなる理由か?
“再び、戦間期~第二次大戦初期におけるイギリス本国艦隊の色調を考える – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 10” の続きを読む

プロポーション、二兎を追っては一兎半 – 1/144でHGオリジン版ガンダムをプロトタイプガンダム風に作る: 1

HGオリジン版RX-78、イマドキっぽいと云えばそうなのだが、全体に子供っぽいバランスで巨大感が無い。これを最低限の加工で何とかし、あわよくばカトキ版78にも似せていきたい、と云う二兎を追うのが今回のお題。さて、無事兔は獲れるのか。
“プロポーション、二兎を追っては一兎半 – 1/144でHGオリジン版ガンダムをプロトタイプガンダム風に作る: 1” の続きを読む

「紙の燕雀洞」あらわる、そして、ウェブと紙の特性のはなし。

紙の燕雀洞、と云うものが出来た。
ホビージャパン誌で担当頂いている編集氏から、今度スケールモデル専門ムックを出すのでいつもの燕雀洞のノリで一本書かないか、と云う打診があったのだ。
では今後、燕雀洞は紙に舞台を移すのか? 勿論、否である。

“「紙の燕雀洞」あらわる、そして、ウェブと紙の特性のはなし。” の続きを読む

カトキ版RX-78-1小史 – 1/144でHGオリジン版ガンダムをプロトタイプガンダム風に作る: 序

今を遡ること3年ほど前、モデラー仲間内で当時旬だったHGオリジン版RX-78を肴に皆で競作しようぜ、と云う企画が始まった。私はプロトタイプガンダム担当と云う事で、取りあえず銀黒赤に塗っときゃソレっぽく見えるでしょ、と始めたものの、例によって沼に嵌る。
“カトキ版RX-78-1小史 – 1/144でHGオリジン版ガンダムをプロトタイプガンダム風に作る: 序” の続きを読む

フライホーク VS ナノ・ドレッド、ハイディティール系両雄のポンポン砲を比較する – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 9

キットのポンポン砲はフライホークらしいメリハリの利いた彫刻で、非常にフォトジェニックだが全体にちょっとムッチリした感じがする。
そこで、以前イラストリアスを作った際にギリギリ間に合わなかったナノドレ版のレビューも兼ねて両者を比較してみる。6年前の製品なので今更ではあるが。

見た目だけならWW2最強対空兵器と名高い(?)「ヴィッカース QF 2ポンド砲」、通称「ポンポン砲」その知名度の割に良い造形のプラパーツに恵まれなかったのだが、近年フライホーク(以下、「鷹翔」)とファインモールドのナノ・ドレッド(以下、「ナノドレ」)から相次いで素晴らしいモールドのポンポン砲が登場した。

キットのポンポン砲はフライホークらしいメリハリの利いた彫刻で、非常にフォトジェニックだが全体にちょっとムッチリした感じがする。
そこで、以前イラストリアスを作った際にギリギリ間に合わなかったナノドレ版そして、自作した途端にナノドレ版が発売されると云う、例のジンクスが発動)のレビューも兼ねて両者を比較してみる。6年前の製品なので今更ではあるが。
“フライホーク VS ナノ・ドレッド、ハイディティール系両雄のポンポン砲を比較する – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 9” の続きを読む