天龍と龍田の相違点を検証する: 後篇 – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 2

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

前回の記事では、ハセガワの新キットで再現された「天龍」と「龍田」の差異について検証した。

今回はそれに引き続き、キットでは省略された差異について考えてみようと思う。思いの外、省略点があるのだが、通して検証してみると、そこにメーカーの設計意図がおぼろげながら見えてきた気が。

「天龍と龍田の相違点を検証する: 後篇 – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 2」の続きを読む

天龍と龍田の相違点を検証する: 前篇 – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 1

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる
天龍と龍田の相違点を検証する: 前篇 – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 1

例によって、本格的な工作の前にお勉強回である。

両艦の違いについてはスクラッチした時に粗方調べ尽くしたと思っていたが、改めて調べてみると意外な発見がある。

ただ、問題は、その発見が必ずしも「天龍型」にまつわるものとは限らない、と云う事だ

「天龍と龍田の相違点を検証する: 前篇 – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 1」の続きを読む

スクラッチしたら新キットが出たので、またつくる – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 序

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる
スクラッチしたら新キットが出たので、またつくる – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 序

ツィッタァをご覧いただいている方はご存じのとおり、実は昨年からスツーカと並行してハセガワの新版「天龍」「龍田」を作っている

色々未確定事項があり燕雀洞の記事にはしていなかったのだが、概ね纏まったのでスツーカと並行して連載を始めてようと思う。あ、もちろんスツーカを諦めた訳ではないので、ご心配なく (フラグ?)

「スクラッチしたら新キットが出たので、またつくる – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 序」の続きを読む

キャノピーの内部窓枠を研ぎ出しで再現 – 1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる: 10

| カテゴリィ: 【連載中】1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる

Ju 87をはじめとするWW2初期独軍機の特徴の一つに、風防やキャノピーのガラス面の内外に混在した窓枠がある。

内枠の再現については、クリアパーツの内側から塗装やデカールで再現するのが一般的だが、1/72クラスともなるとパーツの厚みのせいで上から覗き込んだ時など不自然になってしまう。そこで、クリアコートと研ぎ出しによる内枠の再現を試みた。

「キャノピーの内部窓枠を研ぎ出しで再現 – 1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる: 10」の続きを読む

「鉄血のオルフェンズ」のモビルワーカーを複座化する

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

今回は珍しくガンプラである。
10月に始まった鉄血のオルフェンズが思いのほか面白く、勢いでモビルワーカーを買ってしまった。

4パーツながらも中々良い出来で、ただ塗るだけだと惜しいので (何で?) 劇中最も印象に残った複座型にし、オルガ君を乗せてみた。

「「鉄血のオルフェンズ」のモビルワーカーを複座化する」の続きを読む

一次資料無しに色を特定する試み: RLM 70・71 後篇 – 1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる: 9

| カテゴリィ: 【連載中】1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる

前回に引き続きのRLM 70・RLM 71の色調研究。
今回は実践編として、実際に推定値で調合して塗装したテストピースを用意した。

いざ塗ってみると、以前のRLM 65にも共通する、資料の考証時期による色調推定の傾向が見えてきた。

「一次資料無しに色を特定する試み: RLM 70・71 後篇 – 1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる: 9」の続きを読む

一次資料無しに色を特定する試み: RLM 70・71 前篇 – 1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる: 8

| カテゴリィ: 【連載中】1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる

RLM 65篇に続き、緒戦のJu 87 Bの上面色であるRLM 70・71の色調について検証する。前回同様、既存資料の推定値の比較と、近似する色との関係性、モノクロフィルムの感色性など、複数の視点から考えてみたい。

例によって記事が長くなってしまったので前後篇でお届けする。RLM 65に比べると実機写真と資料や模型用塗料で明度の乖離が無く、あっさり検証できそうに思えたのだが、果たして……?

2015年10月19日修正: Mr. カラーC17、C18の測色値を修正。

「一次資料無しに色を特定する試み: RLM 70・71 前篇 – 1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる: 8」の続きを読む

「吹雪型」関連おすすめ資料12選 – ヤマシタホビー製1/700吹雪をレビューする: 後篇

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

ヤマシタホビーの「吹雪」レビュー最終回は、暫定版資料入手ガイド
総てを揃える必要はないが、幾つかあるとディテールアップに役立つし、キットの再現度をより深く楽しめるだろう

過去の記事では参考資料をウェブ系と書籍系に大別して紹介してきたのだが、今回は趣向を変えて、資料の傾向別に3つに分類してみた。
概ね、後ろに行くほど上級者向け。後ろの方は当然ながら (?) 私も使いこなせていない。

「「吹雪型」関連おすすめ資料12選 – ヤマシタホビー製1/700吹雪をレビューする: 後篇」の続きを読む

できるだけ手間を掛けずに省略箇所を再現する – ヤマシタホビー製1/700吹雪をレビューする: 中篇

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

前回に引き続き、ヤマシタホビーの「吹雪」のキットをレビューする。

既にSNS等で話題になっている、2番・3番砲周りの軌条省略問題を中心に兵装関連の検証と、それに対しての簡単な解決案を提示してみたい。

「できるだけ手間を掛けずに省略箇所を再現する – ヤマシタホビー製1/700吹雪をレビューする: 中篇」の続きを読む

特型ならではの曲線美の再現に唸る – ヤマシタホビー製1/700吹雪をレビューする: 前篇

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

遂に、ヤマシタホビーの「吹雪型 (特I型)」 駆逐艦が発売された。既に単体武装パーツメーカーとしては新興ながらも高評価を得ている同社の、フルキット進出作となる。

開発の報があった頃から気になっていたキットで、早速入手したので簡単にレビューしてみようと思う。このキットのポイントは、パーツの成形状態と2番・3番砲周り。ここを巧く攻略できれば現状最良の「吹雪型」が手に入る筈だ。

「特型ならではの曲線美の再現に唸る – ヤマシタホビー製1/700吹雪をレビューする: 前篇」の続きを読む