2013年12月 の記事一覧

上甲板についての3つの仮説 – 1/700で天龍型軽巡をつくる: 2

| カテゴリィ: 【完結】1/700で天龍型軽巡をつくる

上甲板についての3つの仮説

前回、前々回で述べたように、「天龍型」の平面図は一般には流通しておらず、甲板上の諸装備は多くの部分を推定に拠ることになる。

今回はそれらの中から上甲板関係の3つの事について、例によって妄想を交えつつ考えてみたいと思う。

「上甲板についての3つの仮説 – 1/700で天龍型軽巡をつくる: 2」の続きを読む

各社プラ材の特性を意識して船体を自作する – 1/700で天龍型軽巡をつくる: 1

| カテゴリィ: 【完結】1/700で天龍型軽巡をつくる
各社プラ材の特性を意識して船体を自作する

一から船体を作るに当たって、気になったのは以下の4点。

1.強度の確保

2. 反り対策

3. 艦首シアー付近の、左右対称と曲面出し

4. 舷窓等の開口時の、素材由来のフチ欠けや、接合線によるズレ対策

ハセガワの固いプラをひたすら削るよりは楽かと思ったが、実際にやってみると、やはりそう甘くはない。頭を使う分、楽しいのはこちらなのは確かだが

「各社プラ材の特性を意識して船体を自作する – 1/700で天龍型軽巡をつくる: 1」の続きを読む

スクラッチした方が早いのか? – 1/700で天龍型軽巡をつくる: 序

| カテゴリィ: 【完結】1/700で天龍型軽巡をつくる

昨年、久々に模型を作ろうと思ったとき、実は復帰用に買ったのは「天龍」「龍田」の、「天龍型」軽巡の2隻。
他の軽巡はもちろん、駆逐艦に比べても構成要素が少なく、簡単に完成するのではないかと思ったのだ。

ところが、この「天龍型」、5,500トン級の陰に隠れて影が薄いのか、まとまった資料に恵まれない
公式図面はおろか、上空写真すら良いものが無く、基本形状、特に平面形の把握がきわめて難しいのだ。

「スクラッチした方が早いのか? – 1/700で天龍型軽巡をつくる: 序」の続きを読む

数年ぶりの完成品 – 1/700で樅型駆逐艦をつくる: 完

| カテゴリィ: 【完結】1/700で樅型駆逐艦をつくる
数年ぶりの完成品

一年半以上続いた樅型シリーズも、ついに最終回。

最後は、完成写真と、これから作ってみようと思う人向けの資料を紹介して締めくくりたいと思う。
製作過程については、前回の記事でまとめているので、気になる方はそちらもご覧いただけると幸い。

「数年ぶりの完成品 – 1/700で樅型駆逐艦をつくる: 完」の続きを読む