タグ: 日本海軍 を含む記事一覧

「峯風型らしさ」を残しつつ架空要素を盛り込む – 1/700峯風型を架空艦化する: 後篇

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

航空駆逐艦「羽風」後篇は、メインディッシュの架空要素について。本能の赴くまま盛りまくっても良いのだが、そこはまあ私なので、色々小難しい言い訳をしつつ、「なんかありそう」な風を狙ってゆく。

「「峯風型らしさ」を残しつつ架空要素を盛り込む – 1/700峯風型を架空艦化する: 後篇」の続きを読む

基本形状は史実に忠実に – 1/700峯風型を架空艦化する: 前篇

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

先日、ツィッタァ上で航空駆逐艦コンペというものが自然発生的に盛り上がって、面白そうだったので私も参加してみた。
架空艦は以前から興味はあったのだが、作るのは初めて。さて、どうなることやら。

「基本形状は史実に忠実に – 1/700峯風型を架空艦化する: 前篇」の続きを読む

竣工時のかたちと色を探ってみる – 1/700で戦艦三笠をつくる: 後篇

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

今回は三笠後編、竣工時として仕上げるための変更点と、カラーリングの不明点について考えてみる。
航空機の無い時代ゆえ、上空からの写真がなく、知名度の割には水平面の色調の手掛かりが少ないのが意外だった。

「竣工時のかたちと色を探ってみる – 1/700で戦艦三笠をつくる: 後篇」の続きを読む

カネと手間を掛けず、ポイントを絞ってディテールを加える – 1/700で戦艦三笠をつくる: 前篇

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

早いもので、燕雀洞も今日で5周年である。さりとて特別な事をする訳でもなく、平常運転ではあるのだが。

さて今回は、去年作ったハセガワの「三笠」。肩慣らしに作ったものなので、あまり大きく手を入れず目立つところだけお手軽に、と云うコンセプト。
それでも数か月掛かるのだが ()

「カネと手間を掛けず、ポイントを絞ってディテールを加える – 1/700で戦艦三笠をつくる: 前篇」の続きを読む

2年ぶり、4隻目の天龍型 – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 完

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

ニューキット版の「天龍型」もいよいよ完成である。

まさか、実物は2隻しかない「天龍型」の模型が、4隻も我が家に並ぶことになろうとはね ()

「2年ぶり、4隻目の天龍型 – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 完」の続きを読む

欺瞞波迷彩と汚しについて考える – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 9

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

ハセ新天龍もいよいよ大詰め、今回は塗装。
日誌に記載はあるが写真は無い欺瞞波迷彩を、どう扱うかと云うのが鍵となる。

「欺瞞波迷彩と汚しについて考える – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 9」の続きを読む

「陽炎型」+「白露型」で、今日的クォリティの1/700「朝潮型」をつくる: 後篇

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

アオシマ「陽炎型」とフジミ「白露型」の二個一による「朝潮型」の後篇。
実のところ、前篇の工作だけでも「朝潮型」以外の何物にも見えない状態にはなるのだが、それでは物足りない人向けの重箱の隅拾遺集

「「陽炎型」+「白露型」で、今日的クォリティの1/700「朝潮型」をつくる: 後篇」の続きを読む

キットの解釈を活かしつつ、トップヘビーなシルエットを補正する – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 6

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

今回は艦橋の工作。「天龍型」の形状面では、最も解釈が分かれるであろう部分である。

スクラッチ版と全く同じではつまらないので、キットの基本形状を維持しつつも、全体の重心バランスを大幅に変えてみた。

「キットの解釈を活かしつつ、トップヘビーなシルエットを補正する – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 6」の続きを読む

解像度を意識して、船体のディテールを加減する – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 5

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

今回から、各部の工作に入る。まずは定石通り船体から。

全体のラインは申し分なく、モールドも今日的なキレのある仕上がりだが「濃さの加減」に気になるところがある。
船体の工作では、主にモールドのバランス調整を主眼に手を加えた。

「解像度を意識して、船体のディテールを加減する – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 5」の続きを読む

キットで触れられていない「1942年時仕様」の相違点を洗い出す – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 4

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

前回は、ハセガワの新キットで再現された1942年 (昭和17年) 次設定の要素について考えた。
今回はそれに引き続き、キットでは省略された開戦時と1942年時の差異について洗い出してみようと思う。

「キットで触れられていない「1942年時仕様」の相違点を洗い出す – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 4」の続きを読む