2年ぶり、4隻目の天龍型 – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 完

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

ニューキット版の「天龍型」もいよいよ完成である。

まさか、実物は2隻しかない「天龍型」の模型が、4隻も我が家に並ぶことになろうとはね ()

「2年ぶり、4隻目の天龍型 – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 完」の続きを読む

ふたつのキットの表現を比較しつつ、コクピットにディテールを加える – 1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる: 14

| カテゴリィ: 【連載中】1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる

今回は、エアモデルの華? コクピット内の工作。ここにコダワリを見せるモデラー諸氏も多いが、私はあまり興味が無い。
とは云え、スツーカの場合はキャノピーが大きく、完成後もそれなりに中身が見えるので、見える範囲で頑張ってみた。

「ふたつのキットの表現を比較しつつ、コクピットにディテールを加える – 1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる: 14」の続きを読む

欺瞞波迷彩と汚しについて考える – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 9

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

ハセ新天龍もいよいよ大詰め、今回は塗装。
日誌に記載はあるが写真は無い欺瞞波迷彩を、どう扱うかと云うのが鍵となる。

「欺瞞波迷彩と汚しについて考える – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 9」の続きを読む

「陽炎型」+「白露型」で、今日的クォリティの1/700「朝潮型」をつくる: 後篇

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

アオシマ「陽炎型」とフジミ「白露型」の二個一による「朝潮型」の後篇。
実のところ、前篇の工作だけでも「朝潮型」以外の何物にも見えない状態にはなるのだが、それでは物足りない人向けの重箱の隅拾遺集

「「陽炎型」+「白露型」で、今日的クォリティの1/700「朝潮型」をつくる: 後篇」の続きを読む

「陽炎型」+「白露型」で、今日的クォリティの1/700「朝潮型」をつくる: 前篇

| カテゴリィ: 【不定期更新】雑記

WLシリーズのリニューアルがほぼひと段落した感のある昨今、駆逐艦はアオシマひとりが気を吐いており、他2社がリニューアルに手を付ける気配がない。

そこで、仮想新キット、と云った趣旨でアオシマ「陽炎」+フジミ「白露」を使って「朝潮型」を作ってみた。


「「陽炎型」+「白露型」で、今日的クォリティの1/700「朝潮型」をつくる: 前篇」の続きを読む

各兵装のバランス感を意識してディテールアップする – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 8

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

今回は、砲雷装関係のまとめ。考証面はほぼ過去記事で述べたので、専ら修正ポイントだけ知りたい、と云う人向けの工作メインの記事である。

キットは過去の他社軽巡キットと比べてかなり高水準なのだが、パーツ間での解釈や整合にややバラつきがある。そのあたりをどのレベルに揃えるかが攻略のポイントになるだろう。

「各兵装のバランス感を意識してディテールアップする – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 8」の続きを読む

金魚づくし×金魚売り – 1/35でメカトロウィーゴをつくる: 3

| カテゴリィ: 【不定期更新】1/35でメカトロウィーゴをつくる

前回は牛、今回は金魚、何故か生物ネタが続くが、特に狙った訳では無い。
仮組したウィーゴの顔を眺めていたら、突然、国芳の「金魚づくし」が脳裏をよぎった、ただそれだけなのだ。

「金魚づくし×金魚売り – 1/35でメカトロウィーゴをつくる: 3」の続きを読む

エアフィックスとイタレリ、良いとこ取りでニコイチしてみる – 1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる: 13

| カテゴリィ: 【連載中】1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる

前回まとめた通り、エアフィックスとイタレリの1/72 Ju 87 Bを比べると、両者一長一短である。
そこで、両者の良いとこ取りができないものか試してみた。

「エアフィックスとイタレリ、良いとこ取りでニコイチしてみる – 1/72でJu 87 B「スツーカ」をつくる: 13」の続きを読む

煙突~後檣にかけてのディテールを整える – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 7

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

今回は、煙突や後部主砲まわりを構成する上構関係のディテールアップ。
基本的なバランスは旧キットと比べるまでもなく良い出来なのだが、細かく見てゆくと意外と手を入れたくなる箇所がでてくる。

「煙突~後檣にかけてのディテールを整える – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 7」の続きを読む

キットの解釈を活かしつつ、トップヘビーなシルエットを補正する – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 6

| カテゴリィ: 【完結】続・1/700で天龍型軽巡をつくる

今回は艦橋の工作。「天龍型」の形状面では、最も解釈が分かれるであろう部分である。

スクラッチ版と全く同じではつまらないので、キットの基本形状を維持しつつも、全体の重心バランスを大幅に変えてみた。

「キットの解釈を活かしつつ、トップヘビーなシルエットを補正する – 続・1/700で天龍型軽巡をつくる: 6」の続きを読む